2020-09-16

遊’s OLDIES Night Sugar with F.Factory

10月の遊’s スペシャル・ライヴは、ヴォーカルのシュガー率いるスペシャルユニットでのライヴ・ステージです。

地元ギタリストJhonny、Oshouことベーシスト佐野正二にドラムの高津富士男、キーボード中山智義を迎えた超強力メンバーで、
ラテン・バージョンでの昭和歌謡とテッパンのオールディーズ曲を演奏します。
今回は、ステージの間のお箸休めということで、いちぢく停歓庁さんの落語も併せてお楽しみください。

出演
Kanai Sugar Rum(voc)
中山智義(key)
高津富士男(ds)
Jhonny(gt)
Oshou(eb)

日時
10月3日(土) 18:30 スタート

会場
遊’s
京都府福知山市和久市町196
TEL 0773ー45ー3323

チャージ
¥2000

ご予約・お問い合わせは遊’s(TEL 0773ー45ー3323)までお願いします

プロフィール
○ Kanai Sugar Rum(voc)
3歳より民謡を習う。19歳でニューヨークへ音楽留学。帰国後は、R&Bオールディーズを主体に六本木ケントスなどで活躍。
軽いノリで、演歌歌手としてもメジャー・レーベルからデビュー。
和と洋のハイブレッド・シンガー。本場仕込みのパワフルな歌唱力は圧巻。

○ 中山智義
大阪芸術大学音楽科在学中よりピアノ、キーボードで演奏活動を開始。
多くのボーカリストやアーティストのサポート、アレンジャーを経験し、自らの演奏、録音活動のほかに、
アーティストへの曲提供や指導、さらにテレビCMやドラマへの楽曲の提供、作編曲の実績も豊富。
音楽系専門学校プロミュージシャン科講師として後進の育成にも努める。

○ 高津富士男
北海道出身。70年~奈良ドリームランド音楽隊に入り、
打楽器を始める。大阪市吹奏楽団、故永野成計氏に師事。
その後JAZZ、ラテン、ブラジル音楽等に興味を持ち、数多くのバンドを経験。榊原郁恵のツアーなど幅広い分野で活躍。

○ Jhonny
ケネディハウス、京都、京都/神戸ケントスなどで活動。
帰郷後は地元ロックユニットやオールディーズ・アーティストのサポートなどにも参加。

○ Oshou
75年~大阪ロイヤルヒル・オーケストラに在籍。
帰郷後も活動を続け、多数のジャス系トップミュージシャンとの共演、トリオアルバムのほか、オールジャンルでのレコーディング、ライヴに参加。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です